ハチミツとローヤルゼリーの違いとそれぞれの特徴

まずはハチミツとローヤルゼリーの特徴について語っていきます。ハチミツとは働き蜂が花から集めてきた花蜜を、ミツバチの持つ酵素の力で果糖殺やブドウ糖などを生成し作ったもので主に働き蜂の食べ物として作られるものです。これは歳をとったミツバチにも作ることができます。ここでローヤルゼリーとの大きな違いが生じてきます。それはローヤルゼリーは若い働き蜂にしか作ることができないということです。若いというのは人間の年齢に換算すると17歳から18歳といった元気盛りで、新陳代謝も活発に行われているような年のことを言います。ミツバチが花の蜜や花粉を食べて、はちみつを作り出すように、若いミツバチは、はちみつと花粉を食べることで消化吸収をしながらローヤルゼリーを作り出しいています。そしてそれらを主食とする嬢王蜂の寿命は一般的な働き蜂に比べるととても大きな差が生じています。そしてその栄養価の高さが長い寿命に関係していることが科学的に証明することが出来たことで、人間にも多くの栄養を効率よく摂取するためのサプリメントなどがより開発されるようになりました。また動物の実験などにも使われるなどの多くの場面で使われるようになりました


私はこれらの栄養に目を付けて実験や開発をする会社の開発チームに参加することができました。ここではより濃度を高くするにはどうしたらよいのかを研究していました。また他の会社では濃度だけではなく、吸収しやすくするための実験をしていました。他にも多くの会社が着目点を変えながら研究、実験をしていると思います。そして人間は摂取することで肌の調子を整えたりすることができるということが分かりました。これはハチにも見られた現象で、嬢王蜂というものは生まれた時から特別な血統でなるものではなく、働き蜂と同じように生まれてきます。しかし嬢王蜂を必要とする蜂達は一匹だけに栄養をより沢山与えることで嬢王蜂を作り出しているのです。そして嬢王蜂だけが長い寿命であることは人間が摂取することで肌などを美しく保つと言うことは、若さを保つということにつながるのです。これらにはたんぱく質、糖質、脂質の他にも各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸などがバランスよく含まれており人間にとっても最高の栄養剤になったのです。そしてこれは自然界が作り出した奇跡の産物であることを意識に自然に感謝することを忘れることがあってはいけないと私は考えます。